村上歯科医院

城陽市・宇治市の歯科・インプラント 村上歯科医院

〒610-0101 京都府城陽市平川大将軍67-48
TEL 0774-54-1148
※モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセス!
HOME»  歯科コラム»  2012年

2012年

  • 件 (全件)
  • 1

お祭りと運動会と笑顔

10月は、町内ではお祭りの太鼓と掛け声が聞こえ、
幼稚園、小学校、中学校等では、運動会の歓声の声が響いてきます。
皆さんの大きな声を聴くのと同時に、大きく開いた口の中を見てしまいます(職業柄でしょうが・・)。

昔は虫歯になっている子や歯並びの悪い子をたくさん見ることがありました。
しかし、最近はお腹にいるときから母親に教育をして検診を勧めるので虫歯の子が減っているようです。
また、歯並びも矯正装置を付けて治している子を見かけます。

親子の意識が向上しているにも関わらず、レベルの高い医療行為に保険制度が追い付かないことで、
患者様方に負担をかけるのは辛いことです。
負担を少なくするためには、とにかく予防が大切です。
定期検診を忘れないでください。

綺麗な歯と素敵な笑顔を見るのは、歯科医にとって最高の喜びです。


近くの神社で、祭礼用の花傘を見かけました。皆さんの力作です。

お祭りと運動会と笑顔 お祭りと運動会と笑顔
お祭りと運動会と笑顔 お祭りと運動会と笑顔

2012-10-08 00:00:00

悪性腫瘍

歯科医は、虫歯・歯周病・審美・矯正等の治療は知られていますが、歯科医が悪性腫瘍の手術をしていることは知られていないようです。
お口の中の舌・頬の内側・唇・歯茎に悪性腫瘍ができることがあります。
口内炎と勘違いする患者様もいらっしゃるようですが、簡単に考えずに歯科で診察を受けてほしいと思います。

写真は、お口の中にできる悪性腫瘍の一部だけですが、お口の中を見ておかしいと思ったら、
当院もしくはお近くの歯科医院で早く診察を受けてください。

定期検診を受けるのは、虫歯や歯周病の予防をするだけでなく、知られていないようなお口の中の病気を早く見つけることにも繋がります。
定期検診の予約を忘れないようにしてください。

悪性腫瘍 悪性腫瘍
悪性腫瘍 悪性腫瘍

2012-04-21 00:00:00

唾液の役割

唾液(だえき)の役割

皆さんのお口の中の唾液が健康に役立っていることをご存知でしょうか?

食べ物と唾液が混ざると胃で消化を助けます。そのためには、よく噛んで飲み込みやすくする必要があります。
よく噛むということは虫歯にもなりにくくします。酸性に傾いた口の中を唾液と混ざることにより中性にする働きもあります。
たくさんの唾液は食べかすも洗い流します。

全身の健康を考える上で、唾液はとても役に立っています。
食べ物の中には、発がん性物質も含まれています。唾液には発がん性物質を減少させる効果があります。
良く噛むことにより、顎からの刺激で脳が活発になり認知症になりにくい。
また、唾液に含まれている物質が筋肉や骨の発達を促進します。

噛めば噛むほど頭も体も健康になるのであれば、もっともっと噛みましょう!

2012-02-10 00:00:00

謹賀新年

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

毎年、思うことですが「一人でも多くの患者様に長く歯を使って欲しい」そのために何ができるかと言うことです。
そして毎年、予防と定期検診の大切さを実感しています。
虫歯になった歯を治療するとき、詰めたり、かぶせたりします。
考えてみてください。
たとえば、100歳まで生きたとしましょう。20歳で詰め物をするのと80歳で詰め物をするのでは、どちらの歯が長持ちすると思いますか?
正解は80歳です。20歳で詰め物をすると、手入れによりますが、100歳までには抜く確立が高くなります。
80歳では、死ぬまでに抜く確立は低くなります。詰め物をするということは、病気になった歯を治療しているのです。
病気になった歯を1日でも長く使おうとすると定期検診が大切になってきます。
癌になった方は、毎年、定期検診を受けますよね。癌も歯も同じです。
病気にならないための予防、病気になったときの定期検診、どちらも大切なことです。

2012-01-01 00:00:00

  • 件 (全件)
  • 1